FC2ブログ
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
 恥ずかしい…(´д`*)
あの日はまだ大阪に来て半年ぐらい、海もまだこちらに来ていない頃でした。

私と旦那さんは夜遅く、ドライブをして楽しんでいたんです。

深夜だったせいか車の通りも少なく、快適なドライブでした。




しばらく車を走らせていると、ある有料道路に着きました。

その有料道路の料金所は、無人で自動料金所があるのみ、係員さんも見当たりませんでした。

車の通りが少ないせいか何個かある料金支払いの機械は1つしか動いていないらしく、

その唯一動いている機械のところに1台の車がとまっていました。

「あー、料金払ってるんだなー」と思いながら、うちの旦那さんも料金を支払うべく、その車の後ろに並びました。




その料金所の機械は、お金を入れるところが受け皿のようになっており、小さなコイン型の穴に硬貨を1枚ずつ入れていくタイプとは違いました。

1度に何枚もの硬貨を入れられるようになっていたんです。

…車の運転手さんのおじ様、窓をうぃーーーーんと開け、お金を持った手を出し、機械の受け皿にお金を入れるかと思いきや…









持っていたお金を機械に叩きつけたんです。



ばっちーんっっっちゃりーんちゃりーんちゃりんーーー…

散らばる硬貨、固まる私と旦那さん。

が、あまりの光景に私は思わず















「賽銭箱じゃねっつーの!Σ\(`ー´;)」


という突っ込みを大声で入れてしまいました。

まぁ車の中の密室でしたし、旦那さんを笑わすつもりもあり、興奮して言ってしまったんです。





すると前の車のおじさん、おもむろに車のドアを開けて散らばった硬貨を拾い出しました。








…こちらを向いてぺこぺこしながら。


???

料金支払うのに時間がかかっているのを察し、こちらに遠慮して謝っているのか???

まぁ確かにものすごい光景を見せ付けられたけど…

でもなんであんなにこちらにぺこぺこしてるんだろう?




私は旦那さんに「まるで私のナイスなツッコミが聞こえていたようだねー…」

と話しかけながら、旦那さんのほうを見ると












旦那さん側の窓が開いてました(○∀○|||)OH!





そうです、私のツッコミは聞こえていたんです。

私とおじさんとの間にものすごく気まずい空気が流れ…

旦那さんはおじさんが出発するまで必死に笑いをこらえ…

あの夜はいろいろな意味で忘れることの出来ない夜となりました。




今でも思います。

あのおじさんはなぜお金をたたきつけていたんだろう…?

…そして






私はなんて馬鹿なんだろう…と。





え?いい話じゃないですか???

大阪で出会った小さな出会い、リトルストーリー。
スポンサーサイト

【2008/12/19 18:38 】 | 大阪旅行・大阪に嫁いだよ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ぜいたくもの | ホーム | 玄関にいるカメさん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://okookojo.blog34.fc2.com/tb.php/536-31abf481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。